メンバー

教授

田宮 菜奈子
Nanako Tamiya
所属

医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授
ヘルスサービス開発研究センター センター長
資格・仕事

医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
専門分野

公衆衛生
最近の研究テーマ

ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介 護・福祉サービスの質の評価、医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイルドヘルスサービスリサーチ、PDCA
医療をサービスとして評価する必要性を痛感したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。

 主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性(IJQHC 2002)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること(IJQHC 2002, BMC Geriatrics 2009)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics 2009)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました (Lancet 2011)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR 2011)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics 2013)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(日本プライマリ・ケア学会誌2008)、また、医師の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間が短いこと(BMC Geriatrics 2010)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI 2013)、施設看取りでの医師の役割(Health Policy 2007)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI 2014)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open 2012)。

 研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを必要な人にきちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

教授(クロスアポイント)

杉山 雄大
Takehiro Sugiyama
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
国立国際医療研究センター 研究所 糖尿病情報センター 医療政策研究室長
資格・仕事

社会医学系専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、内分泌代謝専門医、総合内科専門医、Master of Science in Health Services、博士(医学)
専門分野

糖尿病、HSR、医療政策
研究テーマ

レセプトを用いたHSR、糖尿病の医療政策
抱負など

大学とナショナルセンターの両方に所属するメリットを生かし、質の高いHSRを通じてevidence-based health policyに貢献していきたいと思います。

客員教授

阿部 智一
Toshikazu Abe
所属

筑波記念病院 救急科
資格・仕事
救急科専門医、集中治療専門医、プライマリケア指導医、MPH、PhD・救命救急医
専門分野
救急・集中治療 臨床研究
最近の研究テーマ
救急医療とHSR、集中治療とHSR
抱負など
重症患者に国際標準的な診療を届けることができる研究を行います
石崎 達郎
Tatsuro Ishizaki
所属

東京都健康長寿医療センター研究所
高橋 秀人
Hideto Takahashi
所属

国立保健医療科学院 統括研究官
野口 晴子
Haruko Noguchi
所属

早稲田大学 政治経済学術院 教授
本澤 巳代子
Miyoko Motozawa
所属

客員教授(医学) 名誉教授(人社)
山本 秀樹
Hideki Yamamoto
所属

帝京大学大学院 薬学部 環境衛生学研究室 (兼担:大学院公衆衛生学研究科、医学部・衛生学公衆衛生学講座)  教授
Sandra Ivonne
Moody
所属

University of California

准教授

岩上 将夫
Masao Iwagami
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事

医師、公衆衛生学修士、Master of Science in Epidemiology (University of London)、 Doctor of Philosophy in Epidemiology and Population Health (University of London)
日本内科学会認定内科医
Educational Commission for Foreign Medical Graduates (ECFMG) certificate in the USA Professional certificate in pharmacoepidemiology and pharmacovigilance (London School of Hygiene and Tropical Medicine)
専門分野

薬剤疫学、臨床疫学、ヘルスサービスリサーチ
抱負など

日本では急性腎障害や敗血症を例に大規模入院データベース(Diagnosis Procedure Combinationデータベース)を用いた臨床疫学研究、イギリスでは慢性腎臓病や精神疾患・向精神薬を例に大規模外来データべース(Clinical Practice Research Datalink)を用いた臨床疫学研究の訓練を積んで参りました。大規模データベース研究に求められる柔軟性、慎重さ、スピード感を大切にしながら、人の役に立つ論文を量産することを目標に頑張ります。様々なバックグラウンドを持つ方々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

准教授(クロスアポイント)

佐方 信夫
Nobuo Sakata
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
医療法人平成博愛会世田谷記念病院 在宅医療部長
資格・仕事

社会医学系専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
プライマリ・ケア認定医
博士(医学)(東京医科歯科大学)
修士(公衆衛生)(ハーバード公衆衛生大学院)
JICA 短期専門家(タイGLO+UHCプロジェクト) 
専門分野

医療政策学、診療報酬制度
井口 竜太
Ryota Inokuchi
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
医療法人社団苑田会 救急科医長
資格・仕事

救急科専門医、集中治療専門医、麻酔標榜医、臨床研修指導医
専門分野

救急・集中治療、救急システム開発、臨床研究、症例報告

客員准教授

福島 敬
Takashi Fukushima
所属

埼玉医科大学国際医療センター
四津 有人
Arito Yozu
所属

東京大学大学院工学系研究科 准教授
浜田 将太
Shota Hamada
所属

医療経済研究機構 研究部 副部長
石川 雅俊
Masatoshi Ishikawa
所属

KPMGヘルスケアジャパン アドバイザー
佐藤 幹也
Mikiya Sato
所属

住友重機械工業株式会社 人事本部安全衛生グループ 健康管理センター

助教

宇田 和晃
Kazuaki Uda
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事

理学療法士、博士(医学)
Felipe
Sandoval
所属

医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
地球規模学位プログラム
資格・仕事

MPH、PHD
専門分野

グローバルエイジング
抱負など

I dream of running my own long-term care facility and that my work would help the people of Chile to have a better future based on best-practices and evidence, especially senior citizens, usually neglected by policy-makers and researchers.

常勤研究員

小宮山 潤
Jun Komiyama
所属

医学医療系
資格・仕事

理学療法士、MPH
鈴木 愛
Ai Suzuki
所属

ヘルスサービス開発研究センター
資格・仕事

理学療法士、介護支援専門員、社会福祉士、修士(理学療法学)、MPH

非常勤研究員

羽成 恭子
Kyoko Hanari
所属

日野原記念ピースハウス病院 医師
御子柴 正光
Masamitsu Mikoshiba
所属

ヘルスサービス開発研究センター
資格・仕事

学士(理学) 修士(公衆衛生学)
抱負など

これまで企業で科学技術計算のプログラムを作ってきました。その経歴を生かして、ビッグデータを用いた研究で貢献していきたいです。
私的な領域では、目の病気の方の手助けとなる事ができればと考えています。
見た目はとろそうですが、反応は鈍いです。
吉江 悟
Satoru Yoshie
所属

一般社団法人Neighborhood Care 代表理事
Timothy Bolt
所属

埼玉大学経済学部人文社会科学研究科 准教授
資格・仕事
医療経済学者
専門分野

医療経済; 離散選択実験(コンジョイント分析)
研究テーマ

在宅介護サービス、 介護保険システム、 終末期ケア、 緩和ケア、 がん生存者ケア

非常勤講師

安藤 裕一
Yuichi Ando
所属

株式会社GMSSヒューマンラボ 代表取締役
大河内 二郎
Jiro Okochi
所属

医療法人若弘会 介護老人保健施設竜間之郷 施設長
柏木 聖代
Masayo Kashiwagi
所属

東京医科歯科大学 教授
白井 千香
Chika Shirai
所属

枚方市保健所 保健所長
東 尚弘
Takahiro Higashi
所属

国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター センター長

企業等共同研究員

車 千鶴
Chizuru Kuruma
所属

株式会社エス・エム・エス Analytics & Innovation 推進部
冨田 眞紀子
Makiko Tomita
所属

株式会社エス・エム・エス Analytics & Innovation 推進部

博士課程(医学)

孫 瑜
Sun Yu
所属

人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
資格・仕事

MD
井澤 智子
Tomoko Izawa
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

医師
谷口 雄大
Yuta Taniguchi
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
服部 早苗
Sanae Hattori
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
安富 元彦
Motohiko Adomi
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
坂本 彩香
Ayaka Sakamoto
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
島田 憲佑
Kensuke Shimada
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
山岡 巧弥
Takuya Yamaoka
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
鍛冶田 倫英
Michihide Kajita
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
河村千登星
Chitose Kawamura
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
中野寛也
Hiroya Nnakano
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD
山本 行子
Kouko Yamamoto
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 医学学位プログラム
資格・仕事

MD

博士課程(ヒューマンケア、パブリックヘルス)

川邊 万希子
Makiko Kawabe
所属

人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生学)
株式会社三菱総合研究所ヘルスケア・ウェルネス事業本部ヘルスケア・データ戦略グループ 主任研究員
資格・仕事

学士(経済学)、修士(医科学)
専門分野

介護保険、高齢者福祉施策全般
研究テーマ

介護の質の評価、介護予防など
抱負など

民間のシンクタンクで厚生労働行政の政策立案支援(介護の質の評価、介護予防など)に携わっており、本領域を深める研究をしたいと思っています。
重田 史絵
Fumie Shigeta
所属

人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生学)
東洋大学 ライフデザイン学部 生活支援学科
大森 千尋
Chihiro Ohmori
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 パブリックヘルス学位プログラム
西川 貴清
Takakiyo Nishikawa
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 パブリックヘルス学位プログラム
寺村 紗季
Saki Teramura
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 パブリックヘルス学位プログラム
資格・仕事

修士(看護学)、看護師・保健師
小宮山 潤
Jun Komiyama
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 パブリックヘルス学位プログラム
浜崎 曜子
Yoko Hamasaki
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 パブリックヘルス学位プログラム

修士課程

中山 慶一
Yoshikazu Nakayama
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 公衆衛生学位プログラム
ヤンセンファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ本部
資格・仕事

博士(生命医科学)、修士(工学)
抱負など

リアルワールドデータを活用して感染症(特に高齢者の敗血症、呼吸器感染症、肝炎等)の疫学や疾病負荷を明らかにする研究を行いたいと思っています。
藤原 怜峰
Tokitaka Fujiwara
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 公衆衛生学位プログラム
張 可欣
Zhang Kexin
所属

人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 公衆衛生学位プログラム

研究生

学生

岩川 舞香
Maika Iwakawa
研究室演習

医学類 6年
福家 実乃里
Minori Fuke
研究室演習

医学類 6年
鈴木 守
Mamoru Suzuki
研究室演習

医学類 6年
平井 幹大
Kanta Hirai
研究室演習

医学類 6年
北岡 純太朗
Juntaro Kitaoka
研究室演習

医学類 5年
島田 裕基
Yuki Shimada
研究室演習

医学類 5年
小林 祐貴
Yuki Kobayashi
研究室演習

医学類 4年
印南 彩佳
Ayaka Innami
研究室演習

医療科学類 4年

ヘルスサービス開発研究センター客員研究員

相崎 扶友美東京都児童相談センター 治療指導課 医長
阿部 計大医療法人 札幌エルプラザ阿部眼科 理事
安藤 裕一株式会社GMSSヒューマンラボ 代表取締役
石丸 美穂東京医科歯科大学 特任助教
伊藤 沙紀子大阪大学大学院医学系研究科 ゲノム情報学共同研究講座 特任講師
井上 恵Associate Professor in the Department of Social Work at George Mason University
井花(杉山) 庸子国立国際医療研究センター病院 医師
今井 健二郎国立国際医療研究センター研究所 上級研究員
入山 大希筑波記念病院救急診療科 常勤医
植嶋 大晃京都大学国際高等教育院 附属データ科学イノベーション教育研究センター 特定講師
内田 雅俊獨協医科大学救急医学講座 講師 常勤医
柏木 公一国立看護大学校 准教授
金 雪瑩国立長寿医療研究センター 研究員
黒田 直明つくば市保健福祉部 参事
小林 洋子筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 助教
小森 大輝筑波記念病院救急診療科 常勤医
財津 崇東京医科歯科大学 助教
陣内 裕成日本医科大学衛生学・公衆衛生学 講師
鈴木 敦子南大和老人保健施設 施設長
平 健人医療法人社団 星陵会 代表
高柳 妙子早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 日本学術振興会 特別研究員
永田 功横浜市立みなと赤十字病院集中治療部 集中治療部長
藤井 朋子国士館大学体育学部武道学科  教授
藤崎 竜一帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科救急救命コース 准教授
松田 智行茨城県立医療大学保健医療学部理学療法学科 准教授
松村 漠志在ジュネーブ国際機関日本政府代表部 一等書記官
松本 吉央国立研究開発法人産業技術総合研究所 上級主任研究員 
宮田 澄子介護老人保健施設ひまわり荘 施設長
宮脇 敦士東京大学大学院医学系研究科  助教
森 隆浩東千葉メディカルセンター総合診療科(内科)部長・診療科長
千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座 特任教授
森山 葉子国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 上席主任研究官
湧井(木村) 晶子国立国際医療研究センター研究所 特任研究員
涌井 智子東京都健康長寿医療センター 研究員
渡辺 忍茨城県立医療大学 准教授

技術補佐員

堀籠 衣子ヘルスサービス開発研究センター
生田 光輝ヘルスサービス開発研究センター
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間拡張学講座 修士課程

卒業生

浜野 亜美H19年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
奥野 光香子H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
林原  好美H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
松澤 明美H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
加藤 剛平H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
久保谷 美代子H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
相崎 扶友美H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Pedro
Olivares-Tirado
H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
大山 裕美子H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
小林 美貴H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
谷口 起代H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
伊藤 智子H25年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
堤 春菜H25年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
中野 寛也H25年3月、医学類卒業、医師資格取得。
松田 智行H25年12月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
河内 宣之H26年3月、医学類卒業、医師資格取得。
小林 洋子H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
山岡 祐衣H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
H28年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
Felipe
Sandoval
H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Josephine
Laker
H28年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
宮田 澄子H29年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Joshua
Gallagher
H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
嶋藤 菜摘H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
Maria Lisseth
Morales Aliaga
H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
御子柴 正光H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
谷口 雄大H30年3月、医学類卒業、医師資格取得。
金 雪瑩H30年4月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
内田 雅俊H31年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
永田 功H31年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
植嶋 大晃H31年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
安富 元彦H31年3月、医学類卒業、医師資格取得。
小竹 理奈R2年3月、医学類卒業、医師資格取得。
羽成 恭子R3年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
城戸 崇裕R3年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
小宮山 潤R3年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
酒井 晶子R3年3月、医学類卒業、医師資格取得。
塚崎 栄里子R3年3月、医学類卒業、医師資格取得。
重留 百瀬R3年3月、医療科学類類卒業、臨床検査技師資格取得。
平 健人R4年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(公衆衛生学)を取得。
Maria Lisseth
Morales Aliaga
R4年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(公衆衛生学)を取得。
鈴木 愛R4年3月、公衆衛生学学位プログラム(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
浜崎 曜子R4年3月、公衆衛生学学位プログラム(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
鈴木 俊輝R4年3月、医学類卒業、医師資格取得。

田宮研究室 事務担当

村田 由紀子
森田 千代
中山 文子
石津 裕子
黛 由香
飯田 令子

お問い合わせ

お問い合わせ、講演依頼などはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせ&アクセス